葬式には礼服で行くのが常識です

親戚やご近所の方など急な不幸があることは誰にでもあるでしょう。
お通夜は急なことで洋服の準備ができないことから、黒やグレーなどの色味の洋服を着て行くのが一般的です。
もし外出先や仕事から直で行くときには着替える時間がないでしょう。
そういった時には、お通夜に行った際にその旨をご家族の方に伝えると良いでしょう。
しかし、お葬式は故人が亡くなってから日にちがありますので、参列するのにきちんと準備をしてから行くことができます。
ですから、簡易的な黒服で行くのは望ましくありません。
もし礼服を持っていない場合やサイズが合わなくなっていたら、お葬式までに買ってきちんとした正装で行くのがベストです。
また、お葬式は誰にでも訪れる場面ですから、時間に余裕がある時にあらかじめ買っておくと急な不幸があった時でも慌てて買いに行く必要がなく、冷静に的確に判断することができます。
大人になると一般常識を知らないと周りから白い目で見られてしまいますので、きちんとした正装で行くことをお勧め致します。