葬儀についての説明

葬儀についてですが、地域によって違いがあるのです。九州ちくにおきましては、通常ならば葬儀後に火葬を行うのが普通でありますがこの地区におきましては、火葬を先に行い葬儀を後で行うのが一般的です。また全ての儀式が終わりますと、お寺様に挨拶に行く事もあります。他地域におきましては、こういった事は通常では行われませんが、この地域においてはこれが普通なのです。また火葬の際にもこの地域独自のルールがあり、亡くなった順番に火葬場の予約がされてその順番におきまして火葬されていきます。納骨に関しましても葬儀当日に行われる場合が多く、その日の内に納骨を行う場合がほとんどです。都会におきましては、このような事はなされませんが、この地域や田舎街には、それなりの伝統を持っており、地域ごとの独自な葬儀が行われている場合が多いです。突然そのような場所に呼ばれる方もいますが、地域ごとの習慣がある事を良く覚えておくと、いざという時に驚かなくてすみます。