散骨という葬儀の形

普通の葬儀の他に自然葬と言って、樹木などの下に埋葬する樹木葬と散骨という方法があります。散骨とは故人の遺志で生前ゆかりがあった場所や山や海等に遺骨を撒く方法です。散骨専門業者が居ますのでどの会社に頼むか生前から見積もりを出しておくと安心です。個人で散骨する場合は色々と気を付けなければならない事があります。まず、散骨するには遺骨がそれと分からないように粉砕しパウダー状にする必要があることです。そして、撒く場所ですがとても難しいものがあります。陸の場合、近隣住民の許可や同意が必要になりますし、海の場合でも漁業関係者の心理的負担や風評被害の問題がありますので、撒けばいいという事ではないのです。海の場合漁場になっていない海上交通の進路出ない場所である必要があります。これを守らないと後に訴訟問題に発展する場合がありますので、できれば個人ではなく、プロの業者さんにお任せするのが得策でしょう。散骨証明書を発行してくれますし、どのあたりに撒いたかという海図も発行してくれるところもありますので安心です。