最近の骨壷事情

骨壷とは、亡くなった人を火葬場で火葬した後に残った遺骨を入れる壷のことです。
通常の骨壷は、真っ白い陶器でできた円筒状のもので、非常にシンプルな作りになっています。
最近は、お墓の形態や故人の葬い方も、様々に変化してきているため、葬い方の形態によって骨壷も変化してきています。
従来は、その家々でお墓を建てて、そこに遺骨をおさめるのが一般的でしたが、最近では分骨と言って、遺骨を遺族で少しずつ分けて持つ場合もあります。
分骨した遺骨は、分骨用の小さなサイズの骨壷に入れたり、遺骨を入れることができるペンダントなどに入れて肌身離さず持ち歩くこともできます。
分骨用の壷も、従来の白いシンプルなデザインではなく、ガラス製や木製などの可愛らしいものも多いので、普通に家に飾っておいても大丈夫です。
お墓が家から遠くに離れているからなかなかお墓参りに行けないけれど、大切な故人を身近にいつも感じていたいと願う時などには、おすすめです。