葬儀の様々な形態

日本の葬儀は、基本的には家族単位もしくは一族単位で行われ、埋葬する墓地も本家と分家の納骨室のついた墓石に供養塔と言ったこじんまりとした墓地が一般的です。しかし、沖縄では琉球王国として日本とは異なる文化を継承しているので、葬儀も沖縄式で行われ数珠や礼服を必要としないケースが多く、墓地も丘陵地に広いスペースを取ってつくられる一族の巨大な門中墓が一般的で、形から亀甲墓とも呼ばれています。沖縄地方の葬儀方法は、墓地が特徴的なだけで無く、葬送方法も風葬と洗骨の2回葬が行われています。又、供養方法も肉料理や魚料理を詰め合わせたお重をまず墓前に供え、遺族や親族、知人が墓前でお重をつつきながら、故人と一緒に楽しむ供養が行われています。宮城の西部では、数人の僧侶を先頭に遺影を持つ者に続き、太鼓など様々な楽器を打ち鳴らしながら菩提寺まで近所を練り歩く葬式が行われるなど地域によって葬儀の形態が大きく異なっています。

同じ宗教でも自然環境が違えば信者の思考も大きく異なり、弔いの期間や供養の方法、埋葬方法などが大きく異なります。日本国内では、仏教式の荼毘にふしてから埋葬されています。しかし、チベット仏教では遺体をバラバラにして鳥に食わせる鳥葬や生き仏と呼ばれる高僧の遺体は特殊処理をして霊塔に安置する塔葬、通常の高僧に対しては火葬が行われ骨擦を製作するなどの葬送方法に加え、水葬や樹葬など5つの葬送方法で葬られています。その為、火葬からの埋葬だけで無く、個人に葬送の自由を認めても良いと考える人も多く、実際に日本国内でも植樹葬や散骨が行われています。特に散骨は、1991年以降徐々に世間の認知度が高くなり、現在では約90%の国民が認知しているとされ、散骨実例も年々増加しています。又、散骨は、日本国内の陸地や海洋に散布するだけで無く、常夏の南の海や憧れの世界遺産、宇宙など散布先も非常に多種多様になっています。

<PR>クレジットカードの即日発行じゃけん / お家の見直ししま専科 / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 工務店向け集客ノウハウ / マッサージのリアル口コミ.com / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / 工務店向け集客ノウハウ / 童話 / 女性の人生